本文へスキップ

名古屋市を中心に夫婦関係修復や協議離婚手続のお手伝いをさせて頂きます

TEL.052-692-8552

営業時間 : 平日9時〜18時(土日祝日は要予約)

協議離婚について

協議離婚

協議離婚の画像夫婦で話し合いをし、双方に離婚する意思がある場合に、
離婚届を提出、受理されることによって離婚が成立します。

離婚の要件として、離婚の意思と戸籍法に基づく届出が必
要です。

届出をすることで離婚という身分関係の変動(発生・消滅・
変更)が生じます。

戸籍には【離婚日】平成○年○月○日と記載されます。

最高裁判所判例

離婚の意思(いわゆる方便としてされた協議離婚が有効とされた事例)

離婚の意思の内容については、実質的意思説と形式的意思説などの学説がありますが、昭和57年3月26日最高裁判所第二小法廷判決は、法律上の婚姻関係を解消する意思であると以下のとおり判示しました。

※ 昭和57年3月26日最高裁判所第二小法廷判決民集第135号449頁

原審の適法に確定した事実関係のもとにおいて、本件離婚の届出が、法律上の婚姻関係を解消する意思の合致に基づいてされたものであつて、本件離婚を無効とすることはできないとした原審の判断は、その説示に徴し、正当として是認することができ、その過程に所論の違法はない。論旨は、ひつきよう、独自の見解に基づいて原判決を論難するものにすぎず、採用することができない。

実質的意思説

事実上の婚姻関係を解消する意思

形式的意思説

離婚届を提出して法律上の婚姻関係を解消する意思

離婚届

離婚届記入上の注意点


離婚届の画像
     

婚姻前の氏に戻る場合、婚姻中の氏を使う場合、それぞれの注意点は以下の通りです。

なお、「父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。」と民法第766条1項が改正されたことに伴い、離婚届には面会交流と養育費の分担についてしるしをつける欄が設けられましたので、未成年の子どもがいる場合は記入して下さい。

婚姻前の氏に戻る場合
     

(1)氏名 : 婚姻中の氏を記入して下さい。

住所 : 住民登録をしているところを記入して下さい。

(5)未成年の子の氏名 : 離婚後親権を行う子の氏名を記入して下さい。

(6)(7)同居の期間(別居したとき) : 現在も同居中の場合は記載不要です。

(8)別居する前の住所 : 現在も同居中の場合は記載不要です。

<連絡先> : 必ず記入して下さい。

届出人署名押印 : 署名は必ずご本人がして下さい。印鑑は、朱肉を使用するもので、
         別々のものでお願いします。

婚姻中の氏を使う場合
     

(1)氏名 : 婚姻中の氏を記入して下さい。

住所 : 住民登録をしているところを記入して下さい。

婚姻前の氏にもどる者の本籍 : 記入しないで下さい。

(5)未成年の子の氏名 : 離婚後親権を行う子の氏名を記入して下さい。

(6)(7)同居の期間(別居したとき) : 現在も同居中の場合は記載不要です。

(8)別居する前の住所 : 現在も同居中の場合は記載不要です。

<連絡先> : 必ず記入して下さい。

届出人署名押印 : 署名は必ずご本人がして下さい。印鑑は、朱肉を使用するもので、
         別々のものでお願いします。

協議離婚の留意点


・ 父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定めなければ
 ならない<民法第819条1項>と民法に規定されていることから、未成年の子どもがい
 る夫婦が協議離婚をする場合は、夫か妻のどちらかを親権者と定めなければなりませ
 ん。

・ 財産分与、年金分割、慰謝料、養育費などのお金に関する事項、面会交流などの子ど
 もに関する事項については、離婚の届け出をする段階で具体的に決定していなくても
 離婚届が受理されますが、これらの事項を離婚した後で話し合って決定することは難
 しいと思われますので、離婚届を提出する前に話し合い、決定しておくようにして下さ
 い。

・ 夫婦で話し合い、合意できた内容は、離婚協議書などの書面にしておけば、後々、合
 意した内容について争いが発生した場合でも証拠として活用できます。
 また、財産分与、慰謝料、養育費など、金銭の一定の額の支払を約束したものについて
 は、強制執行認諾文言のある公正証書にした方が良いでしょう。

子どもの監護に関する合意書 − 書式無料配布中 −

父母が協議離婚をするときは、以下の「子どもの監護に関する合意書」に記載されている事項について話し合い、合意して下さい。

* 「子どもの監護に関する合意書」を無料で配布しておりますので、ダウンロードして
  ご利用下さい。

子どもの監護に関する合意書<WORD>

子どもの監護に関する合意書<PDF>


お問い合わせ

お問い合わせの画像
  • 「離婚について知りたいことがある」
    「わからないことがある」
    「悩み事を聞いて欲しい」
    そんな時は、当センターの無料相談をご利用下さい。


    お問い合わせはこちらです

    052−692−8552

    営業時間 : 平日9時〜18時
    土日祝日は予約が必要です



免責事項

当サイトに掲載されている情報には万全を期していますが、法律の改正その他の原因により当事務所の情報を利用することによって生じた損害に対して一切の責めを負うものではありません。情報の利用に関しましては全て最終自己責任で行って頂くようお願い致します。


バナースペース

愛知県離婚問題相談センター

〒457-0863
愛知県名古屋市南区豊2−14−6宝マンション神宮南105号

TEL 052-692-8552
FAX 052-692-8552


 《主な対応地域》

名古屋市(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村


  離 婚 ガ イ ド


離婚の種類について

協議離婚について

調停離婚について

審判離婚について

判決離婚について

和解離婚について

認諾離婚について

離婚協議書・離婚公正証書作成について

財産分与について

年金分割制度について

慰謝料について

親権について

監護権について

面会交流について

養育費について

離婚に伴う子どもの心のケアについて

性格の不一致について

婚姻関係破たん後の不貞行為について
   

  無料配布中書式一覧


子どもの監護に関する合意書<WORD>

子どもの監護に関する合意書<PDF>

父と母の子育て日記<WORD>

父と母の子育て日記<PDF>


西尾直記行政書士事務所